大腸がんの治療も一緒にできるのですか?

大腸がんにはポリープ型の小さいものがあり、5ミリ程度までのポリープであれば、その場で切除できます。
内視鏡による小さな手術で、特に痛みもなく、少し安静にした後、そのまま帰宅できます。

それ以上の大きさの腫瘍や、へこんだ形のものは深くもぐっている可能性があるので、その場で切除することができません。
入院施設のある病院で切除をすることになります。その際は必ず紹介状をお出ししますので、専門の病院にお持ちください。

なお、ポリープを切除すると「内視鏡による手術」として生命保険の還付金がおりる場合があります。生命保険に加入されている方は、ぜひその点もご確認ください。

Category: 検診で「便潜血陽性」と言われたら?