ピロリ菌は「胃がん」の原因になるの?

ピロリ菌が慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因になることは、早い時期から知られていました。ピロリ菌の作り出すアンモニアや活性酸素が粘膜を傷つけ、そこが深く掘れると潰瘍になるのです。さらに胃がんの原因になるのではないか?という仮説も早くから出されていました。しかし、発がん性の確認には時間がかかるため、それが証明されたのは比較的最近のことです。

今では、ピロリ菌と慢性胃炎の進行が「胃がん」の発生の大きな原因であると、一般的にも広く認識されるようになりました。ピロリ菌を除菌することで、胃がんにかかるリスクはぐんと減ります。
早めにピロリ菌のチェックを行い、治療を開始することが、胃がんから身を守る上でとても大切だということがわかってきたのです。

Category: 「ピロリ菌」と「胃がん」