ピロリ菌はどこから感染する?

ピロリ菌は上下水道の完備していなかった、戦後生まれの世代に多く見られます。母親の口の中にいるピロリ菌が、食べ物の「口うつし」で赤ちゃんに感染するという報告も見られます。

ピロリ菌は5歳以上になるとほとんど感染が成立しないため、上下水道の完備した現在では、乳幼児の感染率はとても低くなりました。このままいくと「胃がん検診」はそのうち必要なくなると言われています。ピロリ菌の感染率が若い世代で大きく減っているからです。

ただし当面の間は、自分がピロリ菌に感染していないか、一度は調べておく必要があります。

Category: 「ピロリ菌」と「胃がん」