ピロリ菌の「治療」はどうするの?

ピロリ菌の除菌治療は、以下のような手順で行います。

  1. 胃酸を抑える薬+抗生物質×2種類を、1日2回、6錠ずつ7日間飲みます(1次除菌)。
  2. 1-2ヶ月後に効果判定を行い、陰性になれば治療は終了。陽性なら次に進みます。
  3. 抗生物質の1種類を変更します。1日2回×7日間薬を飲みます(2次除菌)。
  4. もう一度、効果判定を行います。1次+2次除菌で、95%以上の方が治ります。

では、それでもダメだったら?
 
保険診療はここまでしか認められていません。
効果判定がまだ早すぎる可能性もありますので、時間をあけてもう一度効果判定を行うことがあります。
また別の抗生物質を用いて3次除菌を行うことがあります。

Category: 「ピロリ菌」と「胃がん」