「ABC検診」は進んで受けるべきでしょうか?

「ABC検診」は、血液だけで「胃がんのリスク」が簡単にわかる方法です。

現在広く行われている「胃がん検診」は、レントゲンの検査ですので、バリウムや発泡剤を飲む苦痛、下剤でバリウムを排出する手間、放射線を浴びるリスクなどが存在します。

それに比べて1回の採血だけですむこの方法は、簡便な上に苦痛も少ないので、地方自治体や会社の健康診断で広く用いられるようになりました。バリウムの検査は、受診率がなかなか向上しないのが悩みの種でしたが、「ABC検診」では一気に受診率が高まったのです。

ただし、これはあくまで「リスクを判定する検診」であることに注意してください。バリウムの検査は「がんを直接見つける検診」ですが、この方法はあくまで「リスク検診」です。「A」判定であっても、「胃がんにならない」ということではありません。検査でピロリ菌が見逃されることもあるし、「荒れていない胃」から出る胃がんも存在するからです。

「ABC検診」を受ける機会があれば、ぜひ受けてみてください。
「B」判定以上なら、外来を受診してご相談ください。
また「A」判定だった方も、一度は内視鏡検査などで胃がんのチェックをしておいた方が安心であることを、改めて強調しておきたいと思います。

Category: 「ピロリ菌」と「胃がん」